Books

今宵堂が制作に関わらせていただいた本は、工房でも販売しております。晩酌の肴にぱらぱらとどうぞ。配送にも対応いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

北海道と京都のあれこれを様々な視点で巡るタブロイド判のリトルプレス。
廃れの美を感じる北海道のかつての鉄路、京都を走る阪急と京阪という二つの鉄道、と今回は鉄道多め旅気分が増します。今宵堂は、酒卓で遊べる小さなものたちを紹介する「酔いこの玩具(おもちゃ)」の連載をスタートいたしました。
画像( sample1sample2sample3sample4sample5

「北海道と京都とその界隈 No.4」
畠山デザイン制作室器とその周辺 山椒 500円 +税

>

様々な書き手による「お酒」に関するリトルプレス。お酒への愛にうなずき、お酒に溺れる滑稽さに笑える一冊です。今宵堂の連載「今宵堂骨董譚」は『18世紀パリ「マリー様式」の迷品』です。
画像( sample1sample2sample3sample3

「酒眉 vol.5」 600円 +税

北海道と京都のあれこれを様々な視点で巡るタブロイド判のリトルプレス。
第3号は、旭川の陶芸家・工藤和彦さんの工房や暮らし、札幌と京都のふたつの「円山公園」について、それぞれの地域の難読地名など、今回も様々な特集で楽しませてくれます。今宵堂は、今回は京都の小さな夏祭りの楽しみを書かせていただいてます。
画像( sample1sample2sample3sample4sample5

「北海道と京都とその界隈 No.3」
畠山デザイン制作室器とその周辺 山椒 500円 +税

対照的な土地のようでなんだか似ているところもある北海道と京都。そんなふたつの土地のあれこれが一緒に編まれたタブロイド判のリトルプレス。
グラフィカルに見せる「京都/天皇陵」と「北海道/東西南北22湖の形」、京都と北海道に住む人それぞれの本棚覗き見等々。今宵堂は、小さな鴨川散歩コラムを書かせていただいてます。
画像( sample1sample2sample3sample4sample5

「北海道と京都とその界隈 No.2」
畠山デザイン制作室器とその周辺 山椒 500円 +税

編集者やライター、カメラマン、デザイナー、 イラストレーター、フードコーディネーター、そのほか「お酒と食と本」を愛する様々なジャンルの専門家が集まって制作されたリトルプレス。
インタビューから小説や漫画まで、ページをめくるごとに変わる楽しさにも酔えます。今宵堂も「今宵堂骨董譚」と題したフィクションを寄稿させていただいてます。
画像( sample1sample2sample3

「酒眉 vol.4」 500円 +税

旨いお菓子や巡る場所がたくさん、対照的な土地のようでなんだか似ているところもある北海道と京都。そんなふたつの土地のあれこれがふわりと心地よく編まれたタブロイド判のリトルプレスです。
「妄想の寺町」「北海道ドライブイン紀行」「壁のメニュー」「銭湯マニア」・・・と気になる記事色々。今宵堂も小さなお昼ご飯コラムを書かせていただいてます。
画像( sample1sample2sample3sample4

「北海道と京都とその界隈」 畠山デザイン制作室器とその周辺 山椒 500円 +税

パカっと開けて、そのまま酒卓へ。お酒に合う素材や味付けにこだわった缶詰「缶つま」(K&K)。この吞兵衛のためのちょっと贅沢な缶詰を楽しむ冊子です。
京都の四季の移ろいを感じながら、今宵はどんな晩酌を楽しもうか?季節の食材を「缶つま」に添え、そこに合わせるお酒のセレクトもまた楽しむ。そんなささやかな日々の酒卓色々。京の名所外呑みコラムや酒器についてのあれこれ。そして、大宮エリーさん・木村衣有子さん・倉嶋紀和子さん・あおい有紀さんによる晩酌エッセイも吞兵衛の心をくすぐります。
画像( sample1sample2sample3sample4

「缶つま晩酌暦帖」 今宵堂 / K&K 0円(free)

一品の肴と一杯のお酒で一日をリセットする「晩酌」という時間。気軽な器に気軽な肴をという思いで日々の酒卓を記してきた「今宵堂晩酌帖」をもとにした一冊です。
肴の探し方、お酒の選び方、器の使い方・・・と実用的なことはもちろん、それほどお金のかからないこの「晩酌」というささやかな娯楽について、ユルーく綴った日々の記録。小さな盃を傾けながら、気軽にめくっていただけるとうれしいです。
画像( sample1sample2sample3sample4

「今宵堂 きょうの晩酌」 今宵堂 / 平凡社 1,300円 +税

酒呑む随筆家・木村衣有子さんによる、お酒にまつわるリトルプレス。のんべえによるのんべえのための小さな本です。
ふとした場面の描写が心地よい酒場小説「ホシさんと飲んでいる」は「二日酔いとカレーライス」「スパゲティサラダ」の二編。左党も甘党も楽しめる動物エッセイ「しょっぱいたぬきと甘いたぬき」。特集「酒器酒器大好き」では今宵堂の工房をとりあげていただいています。

画像( sample1sample2sample3

「のんべえ春秋 3」 木村衣有子 800円 +税

北海道・ニセコの和菓子工房「松風」を営む渡辺麻里さん。彼女が暮らすニセコの森は、季節の新鮮な素材に溢れています。そんな「松風」さんの暮らしの中から生まれたおやつやデザートのレシピ集。
いちご、よもぎ、ふき、れんこん、ゆず、ゆり根、黒豆・・・、旬のおいしい素材を使った、季節を愛でる大人のおやつをどうぞ。今宵堂も器でご協力させていただいてます。
画像( sample1sample2sample3

「野菜と果物で作るからだにやさしい和スイーツ」 渡辺麻里 / 大和書房 1,200円 +税