肴器

ただ今、たくさんのご注文をいただいておりまして、商品のほとんどの在庫がございません。ご注文の方は嬉しく承っておりますが、夫婦二人の小さな工房ゆえ、お渡しまでに半年から一年ほどお時間を頂戴しております。誠に恐縮ではございますが、ご理解をいただきまして、お問い合わせいただけますと幸いです。

巷によくある五寸皿。それよりも少し小さなサイズは、おかずには足りないけれど、小さな肴を盛ってちょっと余白ができる大きさ。寸足らずくらいがかわいいと、酔ったあの人がぽつり。

「白瓷肴皿(はくじあてざら)」 径 13.5 cm・高 3.5 cm 2,800円 +税

土味残る生地に白化粧、細かな貫入の入った四角の物体。懐石の器としても見かける縁のない台皿は、小さな肴の舞台。

「粉引小盤」 径 7 cm・高 2 cm 1,800円 +税

軽い酔いなら足取り軽く、深酒すれば千鳥足。呑兵衛の足取りを見立てた、酔いを運ぶ千鳥の形。マットな質感の肌には、しっとり和菓子なんかも。

「千鳥皿」 径 11 cm・高 3 cm 1,800円 +税

宴の席の真剣勝負。唄か踊りかそれとも酒か。小さな賽に運命を委ね、出た目の通りに振る舞うべし。賽の目は「一杯・二杯・三杯・唄・踊・銭」の六面。

「座興賽」 1.5 cm 四方 500円 +税

酒肴やお干菓子を松竹梅で目出度く。土の板を張り合わせて作るタタラ作りは、手作りの風合いが残ります。肌は古来の京焼の味わいを目指した「懐釉(かいゆう)」で素朴に。

「松皿」 横 11 cm・縦 3.5 cm・高 1.5 cm
「竹皿」 横 9 cm・縦 6 cm・高 1.5 cm
「梅皿」 径 7.5 cm・高 1.5 cm
各 1,800円 +税

磁器の白さとは異なるやわらかな色は、土を感じる温かな肌色。心地よい酔いが訪れたような揺らいだ縁、ふわりと肴が佇みます。

「ゆらぎ皿」 径 15 cm・高 4.5 cm 2,000円 +税

骨董で見つけた門跡寺院の瓦。瓦当に彫られた十六菊花紋を小さな肴皿に。御紋に肴を盛るとはもってのほか?まあまあそんなこといわずに一杯呑んで・・・。

「菊豆皿」 径 5 cm・高 1 cm 800円 +税

酒卓に佇む申一匹、泥酔除けの小さな御守。酒はほろ酔い花は半開きひとつぼみ。小さなこの申を指でつまんで、立たせられなくなったら深酒の合図でござる。

「酔わ申(よわざる)」 横 1 cm・高 2 cm 500円 +税

一局ならぬ一献勝負。初めは素面でいられるけれど、酒も進んで駒も進むとひっくりかえって何に成る?表の文字は全て「素面(しらふ)」、裏の文字は「下戸・管巻・酩酊・千鳥足・泥酔・笊・大寅・底無・寝落・助平・笑上戸・泣上戸」等。

「成駒箸置」 横 2 cm・縦 2.5 cm・高 1 cm 500円 +税

酒卓に並ぶ小さな吉祥。目出度い形を側に添えて、呑めば来るのは幸か酔いか。真っ白な白瓷で祝い膳にも。

「松竹梅箸置」 径 3.5 cm・高 1 cm 500円 +税

赤い鼻緒がカランコロン、小さなお箸がつっかけて。ふわりと酔ったら酒卓で転がし、明日天気になあれと呟く。

「箸下駄」 横 1 cm・縦 2.5 cm・高 1 cm 500円 +税

出窓に生けた野花がひとつ。遠く眺めるだけでは勿体ないから、酒卓に添えてまあ一杯。小さな花見を愉しむ夕べ。

「白瓷豆壺」 約 5 cm 四方(大きさ、形は様々) 1,800円 +税

瓢箪は呑兵衛のシンボル。よく見ると瓢(ひさご)の中に小さな瓢。秀吉も愛したかわいい形を酔いながら手遊びに。

「瓢箪箸置」 横 2.5 cm・縦 3.5 cm・高 1.5 cm 500円 +税