酒器

お酒に肴にもっきりに、なんでもござれの升子さん。役に立てなきゃ肩身が狭い、きょうも健気な升夫さん。

「升子さん」「升夫さん」 径 6.5 cm・高 4 cm 2,500円 +税

ニャーと可愛く甘えたあの娘も、めとれば一転大飯喰らい。今は股(もも)肥え山となる。あなたも猫の額のような狭い心ねとブーたれる。

「猫かぶり盃」 径 6.5 cm・高 3.5 cm 1,500円 +税

やわらかな肌合いの白釉。背が低めで、ちょっと歪んだその姿なりに愛着が湧く形です。シャープな白い磁器ものいいけれど、やわらかな土ものの白からは、やさしい酔いが訪れてくれるかもしれません。

「白釉盃」 径 6 cm・高 3.5 cm 1,800円 +税

とびきり黄色の盃は、古来から伝わる「交趾(こうち)」に似せて作りました。鮮やかな色彩が魅力の交趾は、京焼にも多く見られるポップな技法。驚くような発色も、楽しい酒卓には不思議と馴染みます。小振りのかわいい盃で一杯いかがですか?

「色絵黄盃」 径 6 cm・高 3.5 cm 1,800円 +税

蕎麦猪口(そばちょこ)の形をそのまま小さくしたような、この酒器の名前は「呑助」。見た目より量が入り、また酔っぱらっても転びにくい形は呑兵衛の助けになる酒器です。「無地ニ瓢隠」「今宵ニ蝙蝠」「達磨ニ瓢探」「今宵ニ黒猫」と、四つの絵柄を揃えてみました。

「染付呑助」 径 6.5 cm・高 5 cm 1,800円 +税

エスプレッソカップのような小さな耳付きの盃は、元々朝鮮にあった両耳付きの盃を片耳だけにしたもの。ソーサーは、酒肴を盛る小皿にも。

「耳付盃」 径 6.5 cm・高 3.5 cm 2,500円 +税

落ち着いた肌合いの懐釉に、花柄と縞の模様。「貫入(かんにゅう)」という表面の細かい割れに、お酒がしっとりとしみ込んでいきます。この貫入に少しづつ色が入り、使うほどに味が出てゆきます。自分だけの盃の景色を楽しみながら、ちびりちびりと呑みたい猪口です。

「懐釉猪口」 径 5 cm・高 5 cm 1,800円 +税

古来の京焼の素朴な味わいを表わした懐釉。「貫入(かんにゅう)」という表面の細かな割れに、お酒の仄かな色がしみ込んできます。ゆるやかな曲線と切りっ放しの高台が、気さくな雰囲気の盃です。

「懐釉盃」 径 7.5 cm・高 3.5 cm 1,200円 +税