News

梅は咲いたか、桜はまだか。春の宴を夢見る弥生、今宵堂の大阪展は、街のど真ん中・天満橋にて!MANIFESTO GALLERYさんの三畳ほどの空間は、小さな盃で溢れた秘密の小部屋に。今宵堂がお届けする呑兵衛のための怪しくも春めいた不思議な空間。俗世の波にもまれたら、お酒を一杯、春いっぱい。心地酔い世界へおこしやす!

『今宵堂の盃小部屋』
2012年 3月5日(月)〜 13日(火) 12:00 〜 19:00 (土・最終日は17:00まで)
※ 3/11(日)は休廊日です。
会場 / MANIFESTO GALLERY  大阪市中央区大手通り1-1-1
電話 / 06-6943-5892

※ こちらからDMをご覧になれます。
※ 楽しく終了いたしました。展示の写真は今宵堂のfacebookページにてどうぞ。

穴が開いた「猪口(ちょこ)」。それは、注がれた酒を呑み干すまでは手を放してはならないドラマティックな酒器。ハートの形に射抜かれたかわいい穴を指で抑えて、お酒も愛もこぼさぬように。
チョコもいいけど猪口も好きな殿方へ。この「ハート射抜猪口(はーといぬきちょこ)」(¥ 1,575-)は、バレンタインの小さな贈り物として、京都・三条烏丸「椿ラボ京都」さんと、福岡「とどろき酒店」さんに、期間限定でかわいく並びます。

※ 「椿ラボ京都」さんでは、イベント『如月会 KYOTO! BEST!! GIFT!!!』にて、この寒い季節にもほっこりできるようないろいろなアイテムと一緒に並んでおります。
如月会 KYOTO! BEST!! GIFT!!!

2012年 2月1日(水)〜 2月13日(月) 11:00 〜 20:00 火曜休

会場 / 椿 -tubaki labo- KYOTO

    京都市中京区三条烏丸通西入ル北側御倉町79 文椿ビルヂング1階

電話 / 075-231-5858

※ 「とどろき酒店」さんでは、猪口単体販売の他に、日本酒とのセットでもご購入いただけます。中でも福岡『杜の蔵・とどろき酒店オリジナル』酒とのセットがおすすめです!

東京・新井薬師前に現れた丸い物体。酒林に引き寄せらるるは呑兵衛の宿命。1月10日にオープンした「和酒の店・杉玉」さんは、天野酒・北信流・三芳菊・蒼空の四銘柄を中心に、ちょっと面白いお酒が出てくる日本酒Barです。お燗は今宵堂の「蓋徳利」に、優しい暖かみを閉じこめて出て参ります。蓋を開けるとほわっと広がる酒のにおい。またひとつ酔い場ができました。

和酒の店「杉玉」

東京都中野区上高田3-19-3 セブンビルB1F
電話&FAX / 03-5380-5567
Facebookページ / http://www.facebook.com/sugidama
営業日・営業時間は、facebookページblogなどでご確認ください。

※ 今宵堂日記「和酒の店・杉玉」さんのご紹介はこちら

今宵堂、新年の展示は冬の岡山からスタートです。寒い季節の幸せは、暖かい喫茶のひととき。今回は北海道・ニセコの和菓子工房「松風」さんとのコラボ展です。優しく美味しい松風さんの和菓子が、今宵堂の器の上に、小さく甘い「冬」を運びます。ふたつの工房によるこの季節を楽しむ表現をどうぞ。(以前の松風さんとのコラボ展の様子は、こちらから。→「おやつのたしなみ」「ニセコの森の小さな休日」)

『ひとくちの冬』
松風の和菓子と今宵堂の器
2012年 1月13日(金)〜 22日(日) 10:00 〜 18:00 ※ 18日(水)はお休みです。
松風・今宵堂ともに、13日(金)・14日(土)に在廊いたします。
会場 / Cafe du Grace 921 gallery (カフェドグラス921ギャラリー)
    岡山県赤磐市下市92-1
電話 / 086-955-4548

※ こちらからDMをご覧になれます。
※ 13日・14日、両日とも10組限定で、カフェドグラスの珈琲と「松風」の和菓子を「今宵堂」の器でいただけます(おひとり500円)。ご予約はカフェドグラスまでメールもしくはお電話(086-955-4548)にて。
※ 楽しく終了いたしました。展示の写真は今宵堂のfacebookページにてどうぞ。

京都・三条富小路にあるギャラリーh2oが、2週間限定で本屋さんに変身します。それが『三条富小路書店』。さまざまなアーティストたちの手作りの本を中心に、本のかたちをしたオブジェや、これは本なのか?という謎の束まで、さまざまな本が大集合します。
今宵堂は昨年に続き「酒器屋ならではの本」で参加させていただきます(昨年の今宵堂の本はこちら)。今年は、大人の児童書『酔いこのえほん(おまけつき)』。酒運占う『今宵堂の呑みくじ小箱』の2種類を並べます。どうぞお手にとってご覧くださいませ!

2週間限定の書店 『三条富小路書店2
2011年 12月6日(火)〜 18日(日) 12:00 〜 19:00 月曜休
会場 / ギャラリー h2O
    京都市中京区富小路通三条上ル福長町109
電話 / 075-213-3783

寒い季節に心あたたまる贈りものを。三条烏丸の「椿ラボ京都」さんにて開催される『京都・冬の贈りもの展』に楽しく嬉しい「京の逸品」が並びます。
今宵堂からは、凛々しくもふざけた酔っ払いアイテム、首からぶら下げる酒器「タスト・シュ・ヴァン」。そして、冬の珈琲時間にそっと寄り添う「森のコーヒーマグ」の二点をお届けいたします。寒い時でも、お酒や珈琲でほっとあたたまるひとときをどうぞ。

『京都 冬の贈りもの展』

2011年 11月30日(水)〜 12月12日(月) 11:00 〜 20:00 火曜休

会場 / 椿 -tubaki labo- KYOTO

    京都市中京区三条烏丸通西入ル北側御倉町79 文椿ビルヂング1階

電話 / 075-231-5858
※ 楽しいアイテムが並んだポスターはこちらです。

夜の街・中洲の側にて盃は酒を待つ。晩秋の博多での展示は、今宵堂の酒器、そして日本画教室「アトリエ穂音」の生徒さんによる「画上の肴」が並びます。今宵堂の「陶紙」の上に描かれた美味しい「絵」で、秋の酒卓を想像していただくコラボ展。美味なる夜を心に浮かべて、どうぞゆるりとお愉しみ下さいませ。

『宵の器、絵に描いた肴』
「今宵堂」の酒器と「アトリエ穂音教室」の日本画展
2011年 11月19日(土)〜 27日(日) 13:00 〜 20:00 月曜休
今宵堂は19日(土)・20日(日)在廊いたします。
会場 / 冷泉荘3F「アトリエ穂音
    福岡市博多区上川端9-35 A31
電話 / 070-5534-1114

※ こちらからDMをご覧になれます。
※ 楽しく終了いたしました!展示の写真はこちらです。

●オープニングパーティー
『宵の酒宴+ウクレレライブ』
11月19日(土) 18:30 Start 冷泉荘3F「アトリエ穂音」にて
[ Live:zerokichi / Sake:とどろき酒店/ Food:ICONE ]
会費 / ¥2.000-(要予約)
予約はアトリエ穂音までメール、もしくはお電話(070-5534-1114)を。
※ 満員御礼!にて、楽しく終了いたしました。パーティーの様子はこちらです。

「稲水器(いなみずき)」という枕に込められたのは、「喰・呑・器」を愉しむという想い。この秋、池袋にオープンした「あまてらす」さんは、その名のとおり酒の未来を照らす場所です。店長の古賀さんとともに作った「白陶琵琶片口」は、手に馴染む一合サイズ。細身の胴から注ぐお酒は艶やかに、やわらかい器の肌が小さな酔いを奏でます。

稲水器 あまてらす
東京都豊島区東池袋2-62-10 池袋5thビル1F

電話 / 03-6912-9191

営業時間 / 18:00 ~ 24:00(月〜木)・18:00 ~ 翌3:00(金・土・祝前)

※ 今宵堂日記「稲水器 あまてらす」さんのご紹介はこちら

酔いの巷を眺めてみれば、仕事上がりのゴキゲンさんに、楽しく呑み交わす恋人たち。おじさんだって、おねえさんだって、「酔い」に浸る姿はとってもキュート。今宵堂の新作展は、ポップな酒器に肴の小皿など、酒卓をかわいく彩る器が並びます。秋めく京都は彩りの時。まずは一杯キュッ!と呑み、かわいく頬を赤らめて、小さな酔いへおこしやす。

今宵堂の酒器展『Cuteにキュッと!』
2011年 9月21日(水)〜 10月3日(月) 11:00 〜 20:00 火曜休
会場 / 椿 -tubaki labo- KYOTO
    京都市中京区三条烏丸通西入ル北側御倉町79 文椿ビルヂング1階
電話 / 075-231-5858

※ こちらからDMをご覧になれます。
※ 楽しく終了いたしました!展示の写真はこちらです。

世界でいちばん恋の似合う街、Paris。9月12日からの一週間、フランス・パリでは「 PARIS DESIGN WEEK 」が開催されます。市内のレストランやホテル、そしてギャラリーなどが舞台となる、アート・デザイン・ファッション・食の総合的なイベントです。
今宵堂の「白瓷ハート片口・盃」が、市内のショップ ” Maisons des Rêves ” さんにて、フランス初登場いたします。パリジャンとパリジェンヌのロマンチックな語らいのひとときに、素敵な酔いが花咲きますように。

PARIS DESIGN WEEK

12-18 Septembre 2011


Shop / Maisons des Rêves 11, rue Coëtlogon 75006 Paris, France
Tel / +33 (0)1 45 44 16 79  More infomation

夏の祭りは優雅に楽しく、でも儚く。月も色気を増す九月の夜、姫路城下にて開催される『スローフードな縁日』は、播磨の日本酒と味覚を楽しむ「縁日スタイル」のイベントです。美味しく風流なこのイベントに、今宵堂は一夜限りの「酒器夜店」として参上いたします。並ぶは今宵堂製「盃みくじ」!夏の名残を惜しみつつ、酒運占う夜をどうぞ!

『スローフードな縁日』
2011年 9月7日(水)16:00 〜 20:30

会場 / 姫路護国神社境内

入場料 / 前売 3000円・当日 3500円(ウェルカムドリンク+食のポイント券付)

主催 / 播磨スローフード協会
※ 前売り券をご希望の方は今宵堂までメール等でご連絡ください。

京都・祇園は縄手筋。「日本酒とワインと炭火焼・なかむら」さんから煙ってくるのは、静かで優しい「酔い」の薫り。店主・中村さんが楽しみながら集めた全国の美味は、祇園の静かなカウンターで魅力的な香ばしさを放ちます。お出迎えのスープは、今宵堂の「白瓷耳付盃」とともに。食べること・呑むことを本当に素直に楽しませてくれる場所です。

日本酒とワインと炭火焼「なかむら」
京都市東山区縄手通新橋下ル弁財天町13番地1 祇園ホワイトビル2F
※ 地図はこちら セブンイレブン向いのビル2Fです。
電話 / 075-531-5865 (お電話での予約がおすすめです。)
営業時間 / 18:00 〜 27:00頃 (月曜定休)

※ 今宵堂日記でのご紹介はこちらです。

東京・四ツ谷は荒木町。趣のある街並みにぽつんと現れる日本酒BAR「オール・ザット・ジャズ」。この夏より半合売りを始められたジャズさんの酒器は、今宵堂の「白瓷色彩蕎麦猪口」。もともと蕎麦猪口は料理につ​かう向付(小さな器)でしたが、18世紀頃からお蕎麦や​お酒を呑む道具としても使われるようになりました。酒に肴にデザートに、まさに「All that jazz!(あれもこれも!)」な器ですね。その時代の大きさを模した、ちょっとだけ小さめのかわいい蕎麦猪口。黄色とピンクの色彩に、お酒を映して楽しい酔いを。

日本酒BAR「オール・ザット・ジャズ

東京都新宿区荒木町9番地22 菅沼ビル2F
電話&FAX / 03-5379-3663

※ オール・ザット・ジャズさんでの蕎麦猪口の会の様子はこちら

旅は道連れ、東海道。今宵堂、この夏は静岡に参ります!静岡といえば、東海道五十三次中、半数近くの宿場がある県。弥次さん・喜多さんも茶屋で一服、宿場で一献と、美味しい「お茶」や「お酒」を楽しんだことでしょう。今回の展示は、そんな豊かな「呑む国」静岡を、湯呑や盃などの「呑む器」、そして楽しい狂歌とともに旅します!

今宵堂の「呑む器」展 『茶呑み、酒呑み、東海道』
2011年 7月29日(金)〜 8月7日(日)
10:00 〜 18:00(最終日は16:00終了) ※ 会期中、休みなし
今宵堂は7月30日(土)・31日(日)両日とも午後に在廊いたします。
会場 / ギャラリー文夢(あやめ) 静岡市駿河区用宗5丁目5-17
電話 / 054-268-1057
※ こちらからDMをご覧になれます。
※ 楽しく終了いたしました!今宵堂日記はこちら。展示の写真はこちらです。

● お酒の会のお知らせ

今回、静岡にて、被災地支援のための『日本酒義援金プロジェクト』に賛同したお酒の会を開催することになりました。
会場は、静岡の美味しい食材、日本酒をスペインバルの雰囲気で楽しめる「Neo Japanesque Bar Mando」さん!お酒は、静岡の「杉錦」「英君」さんにご参加いただき、両蔵元の「義援金付きの銘柄」を楽しみましょう!さらに、あるひとつのメッセージを込めた「今宵堂の酒器」をお使いいただき、参加者全員にその盃をお持ち帰りいただけます!

『Heartで酌する盃の夜』
~「杉錦」「英君」「今宵堂の酒器」を楽しむ会 ~

2011年7月30日(土)16:30 open / 17:00 start(約2時間)
会場 / Neo Japanesque Bar Mando 2Fホール
   静岡市葵区呉服町2丁目4-6森ビル1F
参加費 / 5500円(食事代・日本酒代・盃代を含みます)
定員 / 40名
主催 / 株式会社BECK
お問合せ・お申込み / 054-221-5103 もしくは beck.hirai@gmail.com まで。
※ 満員御礼!楽しく終了いたしました!今宵堂日記はこちら

浪速の日本酒アイドル・きくちゃんのお店「日本酒うさぎ」さん。関西の呑兵衛さんに愛される、素敵な居酒屋さんの目出度い3周年記念のイベントは、なんと船の上にて!関西が誇る人気蔵元さんたちと一緒に、大阪湾をクルージングしながら美味しい日本酒を呑みましょう!という船上パーティーです。
今宵堂製「うさぎオリジナル酒杯」にて乾杯する、真夏の夜の宴に参加ご希望の方は「日本酒うさぎ」さんまで。(うさぎオリジナル酒杯はついておりませんよー)

『日本酒うさぎ3周年・大阪湾クルージングパーティー』 
2011年 7月3日(日) 17時集合・17時半出港

集合場所 / 海遊館西波止場
     (大阪市営地下鉄中央線「大阪港」駅から徒歩10分)

会費 / 8000円(日本酒・料理込み)※ お水は持参してください。
定員 / 40名

※ 満員御礼!楽しく終了いたしました!今宵堂日記はこちら

きらめく初夏の季節、北海道・ニセコにて二日間だけの小さな和菓子のおもてなしと器の展示をいたします。今年二月に出版された『森の中にある小さな工房の和菓子レシピ』で共演した、「松風」の和菓子と「今宵堂」の器。今回はなんと、屋内ではなく「森の中」での展示です。みずみずしい森の空気にふわりとつつまれて、和菓子と器の甘いひとときをお楽しみください。

『ニセコの森の小さな休日』 〜 松風の和菓子と今宵堂の器 〜
2011年 6月18日(土)・ 19日(日) 11:00 〜 17:00
会場 / 甘味屋「松風」
    北海道虻田郡倶知安町ニセコ高原ひらふ105-20
電話 / 0136-22-6890

※ こちらからDMをご覧になれます。
※ 楽しく終了いたしました!今宵堂日記はこちら。展示の写真はこちらです。

東日本大震災から3ヶ月。この度、京都のパーティーギャラリー「AS2(アートを肴に酒を呑む)」さんの呼びかけで、様々なアーティストが参加するチャリティー展示販売会が開催されることになりました。今宵堂も小さなかわいい酒器たちを並べます。売上金は全額義援金に充てられるこの企画、様々な作品と美味しいフードに囲まれた1日限りのアートパーティーをどうぞ。

AS2 special -東北のために-
2011年 6月11日(土)
11:00 〜 21:00( 12時~ 展示販売 / 19時~ 入札販売 )
会場 / アンティークきものや  京都市中京区六角通室町西入玉蔵町120-2
問い合わせ / as2.kyoto★gmail.com(★=@)
※ 入場無料
 ただし、おすすめの一品をお持ち寄り頂くか、
 アーティストポストカードセット(¥500)のご購入をお願い致します。
 ポストカードの売り上げは東北大震災の義援金として活用させて頂きます。

※ こちらからDMをご覧になれます。
※ 楽しく終了いたしました!今宵堂が出品いたしました器の写真はこちらです。

初夏の季節に涼やかな装いを。阪急うめだ本店・12階イベントスペースにて、様々な工芸の分野7組の作り手による暮らしの作品展。「和」でありながらも現代的な造形は、暮らしの中にすっととけこむインテリア。今宵堂は、穏やかな白陶の釉薬を中心にした徳利や盃・小さな一点ものの花器を並べます。小さな野花を眺めながらの静かな酔いをどうぞ。

<参加作家>
かみ添(唐紙)・浦辻靖弘(木工)・今宵堂(陶芸)・坂井直樹(金工)
奈良井志野(漆芸)・波多野光(絵画)・須賀凌子(和布)
coordinate / THE14thMOON

『和モダンを楽しむ暮らしのアート展』
2011年 5月25日(水)〜 5月31日(火) 10:00 〜 20:00
会場 / 阪急うめだ本店 12階イベントスペース
電話 / 06-6361-1381

※ 終了いたしました。器の写真はこちらです。

今宵堂、春は一路、素敵な魅力が詰まった東北・山形へ。太い蕎麦に細い蕎麦、変わり蕎麦に更科蕎麦。山形の蕎麦は本当に十人十色。また「蕎麦猪口」という器も蕎麦つゆだけでなく、お酒に肴にデザートにその用途は様々です。蕎麦も色々、蕎麦猪口も色々、酒も色々であれば人生もまた色々。小さな「蕎麦猪口」に山形への想いとユーモアを込めて、今宵堂による多様な表現をご賞味くださいませ。

今宵堂の器展『山形蕎麦猪口物語』
2011年 4月29日(金)〜 5月15日(日)
11:00 〜 18:30 ※ 水曜定休日 ※ 今宵堂は4/29〜5/1まで在廊いたします。
会場 / ぎゃるり葦  山形市香澄町2-1-4
電話 / 023-622-1234

※ こちらからDMをご覧になれます。
※ 楽しく終了いたしました!展示会の写真はこちらです。

暖かくなったと思ったらまた寒くなり、そしてまたぽかぽかと。今度こそはと思いながら過ごす日々です。この地上に住むかぎり、ひとは色々なことを味わいますね。でも落ち込んでばかりはいられません。きっとそこには春が来る!と信じて前を向いて日々を楽しんでいきたいものです。
昨春の展示会「恋する前置詞」で生まれた「李倣花弁盃」。花びらでお酒をすくいとるような、小さな小さな盃です。桜の宴に思いを馳せると、吹く風もどことなく春めいてきませんか?