裏・今宵堂 vol.1



vol1_title




 信長・秀吉の下で、利休が京都において「楽焼」を作らせたように、偉大なる権力者の指導のもとに作られた工芸品が、世界には数多く存在します。
 18世紀後半、王妃マリー・アントワネットの命によって製作されたという品々もまた革命後のパリにおいて発掘されています。今回はフランス政府の協力のもと、現存する数点を展示いたします。



制作 / 今宵堂
制作協力 / 井口尚美・高橋求比古・荒瀬史代・内堀敦子


 

※ 本作品はフィクションであり、史実とは異なります。




vol1_line


白瓷乳房杯

軟質磁器 / マリー・アントワネット記念博物館所蔵 ( 径 7.5 cm 〜 12 cm )
[ Gobelet de porcelaine blanche en forme de sein ]
Porcelaine / Musèe de Marie-Antoinette ( 7.5 – 12 cm de diamètre )

vol1_photo_1

 調度品にこだわったマリーアントワネットは、器にも自分の好みを反映させた。そのひとつに、自分の乳房に似せた杯がある。これを気に入った彼女は、宮廷内の自分のとりまき達の乳房杯も数多く作らせた。貴族、しいては使用人たちの間では、自分の乳房杯を作られることは、ひとつのステイタスであったという。マリー・アントワネット管轄下の離宮、プチ・トリアノン宮殿でのパーティーでは貴婦人達はこの杯でワインを飲み、伯爵達は理想の乳房を持った女性を見定めていたといわれている。
 杯の裏に彫られた女性(一部男性)の名前より、マリー・アントワネットの交友と宮殿での生活が伺える。

 Elle s’attache à son ameublement et son goût reflète la vaiselle. C’est un objet de ce type, gobelet en forme de son sein. Comme cela lui plaît, elle se fait faire des gobelets en forme de sein de son entourage. C’est un signe de prestige pour les nobles et employées que les gobelets sont imités de leur sein. Les dames nobles boivent du vin à leur gobelet, et les comtes examiner la femme ayant la poitrine idéale à la soirée au château du Petit Trianon.
 On peut connaître les relations de Marie-Antoinette par les noms des femmes, aussi des hommes en partie, écrits sur les gobelets.


vol1_line

ブリオッシュ皿

陶器 / レイモンオリヴェ民俗博物館所蔵 ( 径 11 cm 〜 19.5 cm )
[ Plat à brioche ] Faïence / Musée de Raymond Olivier
( 11 – 19.5 cm de diamètre )

vol1_photo_2

 マリー・アントワネットは、フランス革命前に民衆が食料難に陥った際、「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と発言したと紹介されることがある。しかし、原文は “Qu’ils mangent de la brioche”。注意すべきは、「お菓子」ではなく、「ブリオッシュ」という点である。ブリオッシュは、18世紀初頭まで、チーズやバターなどを生地に混ぜこんだ保存食、つまり、乾パンのようなものであり、お菓子という嗜好品とはかなりかけ離れた食べものであった。よって、マリー・アントワネットは「保存食(ブリオッシュ)を食べればいいじゃない」と言ったのである。しかし、市民がブリオッシュさえも食べることの出来ない貧困状態の中にいたことは知らなかった。事態を知らぬマリー・アントワネットの発言は、市民にとって辛辣の極みであったことであろう。この発言を聞いたパリ市民は、パンを求めてベルサイユに押し掛けた。これが、フランス革命におけるベルサイユ行進である。
 パリ市内の酒場跡で、数多くの皿が出土した。
 粗い土に灰釉系の釉薬がざっくりと施されており、酒場で乱雑に使われた模様である。重ねて焼いたと思われる目跡がみられ、いかにも庶民の雑器らしい。セーブルに代表される磁器の食卓は、当時は貴族階級の特権であり、一般庶民の食卓は、スープ皿とパン皿で事足りるものであった。

 Le peuple manque la nouriture, et on a attribué à Marie-Antoinette cette citation : « S’ils n’ont pas de pain, qu’ils mangent de la brioche ! » Jusqu’au début du XVIIIe siècle, la brioche est des vivres de réserve comme biscuit fait avec fromage et beurre, qui est loin de la viennoiserie. Par ailleurs, Marie-Antoinette veut dire : «Qu’ils mangent des vivres de réserve ! ». Mais, elle ignore la pauvreté du peuple qui n’a même pas la brioche. Sa parole fait éclater la colère du peuple, et alors les manifestants marchent vers le château de Versailles en réclamant du pain, qui amorce la Révolution.
 Beaucoup de petits plats sont retrouvés dans les emplacements de bistrots à Paris.
 Ils sont de terre grossière, glacés, et utilisés peu soigneusement. Ils sont bien la vaisselle populaire en étant recuits. A cette époque, le plat à potage et pain suffit à la vaisselle du peuple, alors que les nobles ont le privilège de posséder la vaisselle de Sèvres.


vol1_line

白瓷痰壷

軟質磁器 / ディドロ博物館所蔵
[ Pot à cracher de Sèvres ] Porcelaine / Musée Diderot

vol1_photo_3

 痰壷とは、文字通り痰(たん)を吐くための壺である。
 わずか18歳で王妃となったマリー・アントワネットの我儘な言動に宮廷内の反感は次第に大きくなり、敵意を抱く人の数も増えていった。幼いマリー・アントワネットは、自分の不満の捌け口として、嫌悪する人物の似顔絵を痰壷に描かせ、使用したといわれている。
 これらの痰壷は、マリー・アントワネットが非常に贔屓にしていた女流画家、ヴィジェ・ルブランの住居跡から発掘されている。さすがに、王家御用達のセーブル製陶所には注文しにくかったとみえて、銘もなければ、作りは粗く、破損も激しい。色絵繚乱のフランス陶磁界にあって、コバルト一色のこの痰壷はある意味、非常に味わい深く、表情豊かな似顔絵も実におもしろい。類似品は他にもあったといわれているが、革命時に宮殿内のものは破壊されたとみられ、出土はこの4点のみである。

 Marie-Antoinette, qui devient reine de France à 18 ans à peine, va se faire de plus en plus d’ennemis à la cour de Versailles, par sa conduite capricieuse. On dit que la jeune reine Marie-Antoinette, pour se distraire de sa frustration, utilise ces pots à cracher sur lesquels elle se fait dessiner le visage de ses gens détestés.
 On a trouvé ces pots à cracher dans la terre où se situait la maison de Viger Leblanc, femme peintre favorite de Marie-Antoinette. Les pots n’étant ni signé ni raffinés et étant bien abimés, on n’a pas osé, semble-t-il, passer la commande à la poterie de Sèvres, fournisseur de la famille royale. A l’époque rococo, en un certain sens, ces pots sur lesquels le visage amusant et plein d’expression est dessiné uniquement en bleu de cobalt, ont de la saveur particulière. On n’a exhumé que ces quatre pots, en supposant que d’autres objets ressemblables ont été brisés au moment de la Révolution.

< 痰壷に描かれた人物たち >

ジャンヌ・ド・ラ・モット・ヴァロア
Jeanne de Valois-Saint-Rmy ( 1756 – 1791 )
(痰壷径 15 cm × 高 11 cm )
1784年、ラ・モット夫人は、王室御用達の宝石商から160万リーブルの首飾りを騙し取るという詐欺事件を起こした。ラ・モット夫人は、マリー・アントワネットの親しい友人だと嘘をつき、ルイ・ド・ロアン大司教に取り入り、宰相になりたくて仕方がないルイ・ド・ロアン大司教に「王妃にプレゼントすれば大臣にしてもらえますよ」と誑かし首飾りを買わせ、さらに「私がこれをマリー王妃に渡してあげる」と金銭を騙し取った。名を悪用された被害者であるマリー・アントワネットは大変憤慨し、痰壷の製作を即時依頼したといわれている。

デュ・バリー夫人
Madame du Barry ( 1743 – 1793 )
(痰壷径 13 cm × 高 10 cm )
マリー・アントワネットの義父、ルイ15世の公妾。
マリー・アントワネットは、娼婦や愛妾が嫌いな母マリア・テレジアの影響を受け、デュ・バリー夫人の出自の悪さや存在を徹底的に憎んでいた。しかし、デュ・バリー夫人は愛嬌があり親しみやすい性格で、宮廷の貴族達からは好かれていたといわれている。

ジャック・テュルゴー
Jacques Turgot ( 1727 – 1781 )
(痰壷径 14 cm × 高 10 cm )
フランスブルボン朝の政治家であり、財務総監も務める。財務総監時代にはギルドの廃止や穀物の取引の自由化を行い財政再建を図るが、特権身分の反対を受け、1776年に失脚している。彼の財政改革により、宮廷の娯楽費を削られることを恐れたマリー・アントワネットも、彼を罷免するため暗躍したといわれている。

ルイ・ド・ロアン大司教
Louis Réne Edouard Prince de Rohan ( 1734 – 1803 )
(痰壷径 15 cm × 高 14 cm )
宮廷司祭長の地位にあったロアン大司教は、名家出身の聖職者でありながら大変な放蕩者であったため、マリー・アントワネットに嫌悪されていた。だが、大司教は諦めることなく、いつか王妃に取り入って宰相に出世する事を望んでいた。首飾り事件の裁判では、ロアン大司教はラ・モット夫人に騙された事件の犠牲者と分かり、無罪。しかし、この判決に憤慨したルイ16世、マリー・アントワネットにより辞職させられる。この処罰は、ひとびとの反感を招き、フランス革命の一因になったといわれている。


vol1_line

白瓷刻紋香水瓶

軟質磁器 / ベルナドッテ・パルファム博物館所蔵 ( 径 6 cm × 高 12 cm )
[ Flacon de porcelaine blanche ] Porcelaine / Musée Bernadette Parfum
( 6 cm de diam春re, 12 cm de hauteur )

vol1_photo_4

 ハンス・アクセル・フォン・フェルセン伯爵邸跡地にて出土。フェルセン伯爵は、マリー・アントワネットの愛人といわれるスウェーデン貴族。
 この香水瓶が、フランス王室御用達のセーブル製陶所で作られたことは間違いない。しかし、国王ルイの頭文字の組み合わせである2個のLの文字がかかれておらず、代わりに「F」と「M」の文字がまるで紋様のように、いくつも重ねて刻まれている。フェルセンとマリー、離れ離れになる恋人へのマリー・アントワネットからの贈り物と推測できやしまいか。
 すっきりとした茄子型の瓶の上に、頭頂部に膨らみにある丸い蓋。素朴でありながらも、例を見ない独特の形状の香水瓶である。フランスの歴史学者クロヴィス・ルソットの見解のようにこの形は男性のある部位にも見えなくもない。

 Exhumé dans l’emplacement de la maison du comte Hans Axel von Fersen en Suède. Hans Axel von Fersen, comte suédois, est pris pour amant de Marie-Antoinette.
 Ce flacon est sans faute fait à la poterie de Sèvres de la famille royale. Cependant, on remarque des monogrammes des deux lettres F et M, Fersen et Marie, à la place de deux L, lettre initiale du roi Louis. On peut imaginer que Marie-Antoinette offre ce flacon à son amour qui va loin d’elle. Le flacon en forme d’aubergine a une capsule avec une rondeur.
 Ce simple flacon a une forme originale sans précédant. La forme ressemble à celle de sexe masculin, d’après un historien français, Clovis Ressot.


vol1_line

白瓷白鳥御虎子

軟質磁器 / ダランベール民俗博物館所蔵 ( 径 26 cm × 高 46 cm )
[ Pot de porcelaine blanche en forme de cigne ] Porcelaine / Musée éthnique d’Alembert
( 26 cm de grosseur, 46 cm de hauteur )

vol1_photo_5

 1785年、3月27日、ルイ16世とマリー・アントワネットの間に、第二王子が誕生した。すべてが思うがままにに見えたマリー・アントワネットだが、母としては決して幸福な人生ではなかった。第一王子は幼くして重い病に倒れ、回復は難しいとされていた。このような中、ルイ・シャルル(のちのルイ・17世)の誕生に宮廷中が歓喜に沸いた。マリー・アントワネットはすべての愛情をシャルルに注ぎ、王位継承者として育てたといわれている。
 『白瓷白鳥御虎子(おまる)』は、王子の生誕を祝い、王家御用窯、セーブル製陶所に注文されたものである。この御虎子にも、国王ルイの頭文字の組み合わせである2個のLの文字が書かれている。注目すべき点として、当時の彫刻類は、通常、素焼きで作られており、この御虎子のように施釉されたものは、この作品のほかには出土していない。セーブル製陶所のこの生誕記念品への拘りが伺える貴重な作品である。
 白鳥の首。王冠や宝石を模した装飾に、愛らしい白鳥の表情が美しく、王室の浮き立つ心が想像できる一品である。2個のLと合わせて、セーブル彫刻アトリエの制作責任者とみられる「T」の頭文字が書かれている。便座も木製を使用した当時としては珍しく、高価なセーブル磁器であった。王妃の好きな花唐草の絵付が施されている。

 Marie-Antoinette accouche d’un second garçon, le 27 mars 1785. On a l’impression que tout marche à son souhait, Marie-Antoinette n’a pas la vie heureuse d’une mère. Son premier fils tombe gravement malade, et l’on ne perçoit guère de signe de guérison. La naissance de Louis Charles, futur Louis XVII, donne une grande joie à la cour. Marie-Antoinette élève Louis Charles comme prince héritier en lui prodiguant toute son affection.
 Ce pot est fait, pour célébrer la naissance du prince, à la poterie de Sèvres de la famille royale. On trouve le monogramme des deux L, lettre initiale du roi Louis, sur ce pot. Tandis que dans cette époque la sculpture est en général biscuitée, c’est remarcable que ce pot est glacé et que l’on ne trouve pas d’autres objets glacés. On voit que la poterie de Sèvres s’attache à la fabrication du pot pour la célébration de la naissance du prince.


vol1_line

白瓷紅茶碗

軟質磁器 / ヴァレンヌ歴史美術館所蔵 ( 径 5.5cm × 高 9cm )
[ Tasse à thé de porcelaine blanche ] Porcelaine / Musée historique de Varenne
( 5.5 cm de diamètre, 9 cm de hauteur )

vol1_photo_6

 1793年、10月16日、12時15分。
 マリー・アントワネットは断頭台で処刑された。
 明るく陽気な暮らしを送っていたマリーアントワネットだが、フランス革命後、タンプル塔に幽閉された後の生活は質素なものであった。色彩豊かな絵付けの華奢なティーカップに上質のお菓子。彼女にとって、ティーカップとはのどの渇きを潤すものではなく、優雅な宮廷生活の装飾の一部であったはずである。しかし、投獄後の王室に与えられた調度品はとても質素なものであった。このティーカップも、無垢で粗雑なしろものである。
 パリ市内のとある民家跡より出土したこのティーカップ。
 処刑執行の朝、紅茶を飲み終えたマリー・アントワネットのカップを、ひとりの召使いがこっそりと持ち帰ったものとの説である。これは、器としての価値は皆無であるが、歴史的に非常に貴重な出土品であるといえよう。縁にうっすらと残る紅の跡が、マリー・アントワネットの最後の誇りを象徴しているかのようである。

 Marie-Antoinette est envoyée à la guillotine à midi et quart, le 16 octobre 1793.
 Transférée à la prison du Temple, elle mène une vie modeste en contraste avec sa vie joyeuse avant la Révolution. Une tasse à thé avec du gâteau de bonne qualité. La tasse, pour Marie-Antoinette, n’est pas seulement un bol pour étancher sa soif, mais aussi une partie du décor dans la vie élégante de la cour. Mais, l’ameublement de la famille royale est très modeste après son emprisonnement. Cette tasse est aussi une camelote.
 Cette tasse a été retrouvée dans l’emplacement d’une maison citoyenne à Paris.
 On dit qu’un serviteur a gardé cette tasse, après que Marie-Antoinette a bu du thé à elle le matin de son exécution. Cette tasse n’est qu’une camelote mais avec sa valeur historique. Une tache de rouge à lèvres au bord de la tasse sybolise le dernier orgueil de Marie-Antoinette.



裏・今宵堂 Topページへ