酒器

ただ今制作の予定により、在庫のないものはお渡しまで半年から一年ほどお時間を頂戴しております。このほかの器や最新の焼き上がり状況につきましてはこちらをどうぞ。

衒いの無い無垢の肌。薄い口縁を摘むと肘がすっと上がり、背筋が伸びる持ち姿に。

「白瓷平盃」 径 8 cm・高 3 cm ¥ 1,800 

古来の大衆酒場で、一度にたくさんの燗をつけられるようにとできた細身の徳利。腰をすこし絞って艶やかに。正一合。

「白瓷燗徳利」 径 5.5 cm・高 14.5 cm ¥ 3,500 

かわいくやわらかな紅は微酔いの頬の色。目出度い乾杯に、花見に。

「桃瓷盃」 径 7 cm・高 3.5 cm ¥ 1,800 

細波を例えた蛇ノ目に金魚が一匹。半合ほどの酒海を泳げばさらに紅く。

「蛇ノ目猪口」 径 7 cm・高 5.5 cm ¥ 2,000 

かすかな楕円の歪みは酌する手におさまる形。肴を盛っても心地いい、一合を湛える大きさです(小振りの七勺のものもあります)。

「白瓷片口(一合)」 径 9.5 cm・高 6.5 cm ¥ 3,000 
「白瓷片口(七勺)」 径 8.5 cm・高 6 cm ¥ 2,500 

指でちょいとつまむ小盃。あたたかみのある「白瓷(はくじ)」の白。内側に残した手跡でお酒のゆらぎを感じます。

「白瓷盃」 径・高は様々 ¥ 1,800 

酒卓をちょこまか駆ける小さなウリ坊。さか立ちすると酒が呑めるのがウリでございます。

「お猪こ」 径 5 cm・高 5.5 cm ¥ 1,500 

平たな丸盃の見込みにそっと色を落としました。薄い桃と黄色、ほころぶ酒卓の中に。

「色彩盃」 径 7 cm・高 3.5 cm ¥ 1,800 

一合足らずの「八勺」ほどの控えめななり。白泥を纏った「粉引」の肌、そして口元にはささやかな輪花の装いを。

「八勺徳利」 径 7.5 cm・高 11.5 cm ¥ 3,000 

富士の裾野に口付けて、ほろ酔い頬は赤富士に。山ほど酒を呷ったら、見える景色は逆さ富士。

「富士ノ山盃」 径 7 cm・高 3.5 cm ¥ 1,800 

「焦げ」で描いた瓢(ひさご)の数は、表に二つ、裏に四つ。合わせて六つの瓢箪を「無病」と掛けた吉祥紋です。

「六瓢盃」 径 7 cm・高 3 cm ¥ 1,800 

「雪」のようなふわりとした釉、そして結晶を装った薄い口元。ゆるりと呑める半合の頃合いです。

「雪花蕎麦猪口」 径 7.5 cm・高 6 cm ¥ 2,000 

酔いもまわればお猪口もまわる。「あ〜れ〜」とくるくる回して遊んでおくれやす♡。

「おちょ妓はん」 径 6.5 cm・高 4.5 cm ¥ 1,500 

酒を溜めた瓢(ひさご)を腰に、歩く古人の千鳥足。清酒の澄みを眺めたいなら、徳利ではなく片口で。

「瓢箪片口」 径 13 cm・高 8 cm ¥ 3,000 

吹き墨で抜いたポップな星と月。酒に揺らめく夜空を。

「夜盃」 径 8 cm・高 2.5 cm ¥ 1,800 

平盃の中に泳ぐ金魚を眺めて一献。酔いがすすんでいつの間にか頬もほんのり紅く。ちなみに金魚が泳げるほど薄い酒を金魚酒ともいいます。

「金魚盃」 径 7 cm・高 3 cm ¥ 1,800 

小さな猪口を逆さにすれば、かわいく佇む千鳥が一羽。猪口の足を千鳥に変えて「千鳥足」と駄洒落てみました。ふらふら揺れるはご愛嬌。

「千鳥足猪口」 径 6 cm・高 5 cm ¥ 1,800 

酒場の一合徳利の口を緩め、一升瓶からもそのまま注ぎやすく。小さな口をつけて、彼の葡萄酒の注器の形を模してみました。

「出燗多(でかんた)」 径 7 cm・高 14.5 cm ¥ 3,000 

不均等な輪花で蝶々を象った平盃。美味しい蜜を見つけてふわふわと酔います。

「平々盃(ひらひらはい)」 径 8 cm・高 3 cm ¥ 1,800 

酒卓でそっとお伴する澄まし顔。振れば中に仕込んだ鈴がチリンと音が鳴ります。お代りを促すもよし振って舞うもよし。

「お猪口けし」 径 6 cm・高 8 cm ¥ 2,500 

可愛い梅の形を土味感じる渋めの肌に。片口の注ぎ穴もこっそり梅の形に。

「梅片口」 径 9 cm・高 7 cm ¥ 3,000 
「梅猪口」 径 5.5 cm・高 4 cm ¥ 1,800 

やわらかく象った小さな恋の形。どこに口付けるのかを眺めるのも楽しいのです。

「ハート盃」 径 7 cm・高 4 cm ¥ 1,800 

酒に映るのは夏の雲か秋の暮れか。空だけに空(から)になったらおかわりを。

「空盃」 径 8 cm・高 3.5 cm ¥ 1,800 

穴が開いてた盃は、九州・四国などに伝わる遊び盃の一種。ハートの形に射抜かれた小さな穴を指で抑えて、お酒も愛もこぼさぬように。

「ハート射抜猪口」 径 6 cm・高 5 cm ¥ 1,500 

澄ました顔で酒卓に佇む猫一匹。盃に寄り添って、ニャ〜と甘えるようにお酌を。

「ニャン徳利」 径 6 cm・高 14.5 cm ¥ 3,000 

お酒を注ぐと仄かに輝く橙々色。貫入と小さな線点紋。昼酒ならば、陽の光の下で輝く器肌を肴に。

「橙々平盃」 径 7.5 cm・高 3.5 cm ¥ 1,800 

玉子の形が手中にころり。やわらかな殻のような白釉の肌です。

「玉子盃」 径 7 cm・高 4.5 cm ¥ 1,800 

鼠に騙された猫は十二支になり損ねて盃の裏へ。寝落ちして、大事な終電を逃さぬ戒めとして。

「猫騙シ盃」 径 7 cm・高 2.5 cm ¥ 1,800 

18世紀の英国のパブ。儲けを大きくするための上げ底グラスは、1ペニーでひとなめしかできないほど。お酒をちびりと嘗めたい下戸さんや、酒豪に皮肉を込めて。

「ペニーグラス」 径 4.5 cm・高 5 cm ¥ 1,800