Topページへ

「酒庵 酔香」

5月21日、東京の下町・押上に日本酒バーがオープンします。
お店の名前は「酒庵 酔香」。

古くからの歴史を刻む、墨田区・十間橋通り商店街の中にあった
築50年のお酒屋さんを改装したそのお店は
昭和の生活の記憶・商売の記憶が残る趣きのある空間。

そして、実はこの「酔香」という屋号は、
もともと京都・松尾大社のそばにあった、今はなき居酒屋さんの名前。
学生時代を京都で過ごされたご主人が、
その青春の街にあった名居酒屋の屋号を
ご自分たちのお店に掲げられた、ということなのです。

古酒屋の佇まい、青春の屋号・・・。
日本の情報社会の真ん中でお仕事をされてきた
店主ご夫妻が掲げたコンセプトは、
刻々と流れる時の中で、
いつまでも変わらない記憶を、持ち続け愛おしむ
ということのように感じます。

「お酒を呑む」ということは、
古来からずっと変わらぬ大人の愉しみ。
その愉しみを愛する店主ご夫妻と、
私たち今宵堂が一緒に考えて制作させていただいた酒杯は、
優しくやわらかな呑口になりました。

ふとした一日の帰り道、下町の風情に耽りながら、
美味しい日本酒と酒肴を味わい、
趣のある時間と酔いに、身を任せてくださいませ。

日本酒バー「酒庵 酔香

東京都墨田区押上1-51-6

電話 / 03-6657-0140


  • 2010/05/20

コメント : 3

とも  10/06/08 14:00

仙台のともです(*^_^*)。
早速HPを拝見しましたが、
好きなオサケばかりで、喉がなります(笑。
昨日、本屋さんが持ってきてくれた、
「四季の味」でトルコ料理の記事で、
今宵堂さん発見しました~!
今宵堂さんの器は、料理の色が映えるので、
鮮やかな色どりのトルコ料理にもピッタリですね!

rie  10/06/08 14:13

>ともさま

こんにちは!

「酔香」さん、私たちもお伺いできる日が待ち遠しいですー。

「四季の味」にて発見していただき、ありがとうございます〜
友人のトルコ料理は、とっても美味しいので、
いつか、ともさんもお連れしたいです。
うちの器も惚れ惚れするほど、素敵に使ってもらってます!

8月に、仙台&盛岡に参ります。
もちろん、仙台のお目当ては「一心加減燗」さん!
また、きちんと予約をさせていただきますね。

もし、盛岡でもオススメのお店があれば教えてくださいませ。

 10/06/08 19:46

ともさん、今晩は。

夏に仙台に伺うことになりました。
おそらく七夕の前あたりだったか、
仙台の街もそわそわしている頃かもしれません。

またお会いできると嬉しいです!