Topページへ

春を燗じて♡


鴨川の桜も満開、すっかり花見酒の季節。

遅くなりましたが、2月の福岡での展示
おアチいのがお好き♡ Sake Like It Hot 』、
2月25日をもちまして、うれしく楽しく終了いたしました。
ご来店いただきましたみなさま、ありがとうございました♡

今回は、酒器屋としてはじっくりと向き合いたい
アチアチの「お燗」がテーマ。
そして、季節はバレンタインの頃。
アツアツの「恋」も絡めて、
アラフォー夫婦が仲睦まじく知恵を絞りました。

ずっと胸に秘めていたのが「二合徳利」。
名古屋の銘店「大甚」で出会ってから、
その佇まいに心魅かれていました。
正真正銘の正二合、
何人で卓を囲んでも酒が途切れぬ安心感。
シンプルな造形に衒いのない白磁で渋くまとめてみる・・・
とは収まらず、ふふふ、と筆を入れることに。

かくして生まれた「二合さん」は、
私は一番じゃなくてもいいの・・・
と憂いを含んだ眼差しで呟く懐の深い女です。
でも、そんな「二合さん」たち、
福岡の素敵な酒場へと貰われてゆきましたとさ。

同じく顔のついた丸底の「見合猪口」は、
くるくる回して止まったときに
お互いの方を向くかどうかで相性がわかる遊び盃。

「蓋徳利」は、暖かいお燗をなるべくアツアツのまま
楽しんでいただきたいのと、
この恋の気持ちを逃がしたくない♡という想いを込めて。

そして、薄紅色の小さな盃なんかも
春めく気分で並べてみました。
そのほかの展示の様子は、facebookページのアルバムもどうぞ。

展示二日目には、楽しみにしていたとどろき酒店さんでの角打ちイベント!
今回は、大手門の「蕎麦前 出谷右衛門」さんが、
恋をテーマに、お燗酒に合う肴をご用意してくれました。

なんと、出谷右衛門さんご夫妻は実際に新婚アツアツ♡。
そんなおふたりに加え、とどろき酒店スタッフのみなさんのおかげで、
店内はとてもたくさんの呑助さんで賑わいました!

実は、この日は粉雪舞う寒〜い日。
しかし、ビールケースを椅子にした店外にも呑助さんの姿が!
寒さも吹き飛ばす旨い燗酒と肴のミラクルでございました☆

私たちが在店させていただいた二日間。
たくさんの呑兵衛のみなさまや、福岡の酒場のみなさまとの出会いを
とっても楽しませていただきました。
次はもっと長く福岡に滞在して、
街の酒場を巡りたいと思います!

打ち上げの帰りは、福岡とは思えぬ雪国のような景色。
燗酒のイベントらしい〆になりました。

お酒に恋する私たちは、
たった一杯のお酒を口にするだけで、
幸せな心地になります。
それは、シンプルに「おいしい」の成せる技でありますが、
なんだかそれだけでもないような・・・。

お酒を造る人、お酒をつける人の気持ち。
そして、そこで酒呑む人の熱をじんわり感じるからでしょうか。
ほろ酔いの手で掴まれる小さな酒器が、
その酒場に漂う幸せな熱を、これからも伝えていけたらうれしいです。

  • 2018/03/31

コメント : 0