Topページへ

みんなでほっこり!春の宴

桜もほころび始める、3月21日。
埼玉・蕨「旨い酒Dining チョウゲン坊」を訪れました。
ドキドキしながらお店に入っていくと、
オトコマエ店長さんが笑顔でお出迎えしてくれます。

このたび、私達が参加させていただいたのは、
日本酒を楽しむことをナビゲートしてくれる
四季酒の会(よきさけのかい)」が主催するお酒の会。
「一人でもほっこり 春の酒器」と名付けられたこの企画は、
昨年に続いて2回目(1回目はこちら)となる、
日本酒と酒器のコラボレーション。
今回は、ご参加のみなさまに「ひとり晩酌」にちょうどいい、
今宵堂製「小さな片口と盃」でお酒を味わっていただき、
酒器もお持ち帰りいただく、という趣向です。

私達の縁の土地のものを集めて下さった
11種の選りすぐりの日本酒と
チョウゲン坊さんの美味しいお料理とおもてなし。
会話が弾む、和気あいあいとした雰囲気に心が和みます。
ふっと周りを見渡すと、
宴のみなさんが今宵堂の酒器を片手に・・・。
酒器屋冥利に尽きる、うれしい一夜でありました。
みなさんのご感想をしっかりと胸に刻んで、
名残惜しく、蕨を後にしました。

「ひとり晩酌も楽しめる酒器」というのが今回のテーマ。
願わくば、独酌の夜もこの会の風景を思い出しながら、
ほっこりとお酒をを楽しんでもらえるといいな、と思います。

改めてしみじみと実感したことは、
酒器の向うに使い手の顔を見れる幸せ。
みなさんの姿を感じることができるからこそ、
私達はものづくりに打ち込めるのだなぁ、と感じています。

桜咲く酔い季節はもうすぐ。
みなさんでほっこり、春の晩酌を楽しみましょう。
また、お会いできる季節を心待ちにしております。

090325_01

090325_02

090325_03

  • 2009/03/25

コメント : 8

mio  09/03/25 22:22

わ~良いですね。
食に合わせるお酒って、(晩酌)いいですよね。
うちは昨日、庭の三つ葉を摘んできて
三つ葉とゴボウと真ふぐの天ぷら、
ふろふき大根に麦みそだれを少し乗せ、
開運という静岡のお酒を頂いたので、あわせて、ちょっと飲みました。(贅沢過ぎでした)

この片口と小さな杯、贈り物に喜ばれそうです。

Rie  09/03/26 1:21

>mioさん

晩酌は、一日ひとつの幸せ、ですよね。

mioさんの献立、とても美味しそうです。
天ぷらに日本酒なんて、いいですね!
うちも、明日の晩酌は、春野菜の天ぷらにしようかな。

小さな片口は、女性の小さな手にも
扱いやすいサイズです。
ゆっくり、ちびちび、楽しんでいただきたいです。

むー  09/03/26 13:53

うわー、行きたかった。
3連休はほとんど仕事でした。
なくなく飛行機キャンセルしましたよ。

rie  09/03/27 0:22

>むーさん

おつかれさまです!
お忙しい季節ですよね。

またもや腰を抜かす所だったのに・・・
うれしいサプライズがひとつ消えてしまって、
私達もjazzさんも残念に思っていましたよ〜

帰路の途中、名古屋に立寄りました。
最高ですねー手羽先!

 09/03/27 16:46

むーさん、嬉しい企てをありがとうございました!
また驚かされるの、楽しみ?にしてます。

会のお酒を、一応ご報告しておきますね。

・賀茂金秀 桜吹雪 特別純米 うすにごり生
 (広島県・金光酒造)

・蓬莱泉 特別純米 可(べし)
 (愛知県・関谷醸造)

・初雪盃 しずく媛 特別純米 無濾過生原酒
 (愛媛県・協和酒造)

・白露垂珠 寒造り新酒 純米吟醸初搾り 無濾過生
 (山形県・竹の露)

・白岳仙 純米吟醸 奥越五百万石
 (福井県・安本酒造)

・而今 純米吟醸 五百万石
 (三重県・木屋正酒造)

・宮の舞 純米吟醸 山田錦
 (愛媛県・松田酒造)

・亀の尾 純米吟仕込み
 (福岡県・伊豆本店)

・不老泉 山廃仕込 特別純米 参年熟成原酒
 (滋賀県・上原酒造)

・萩乃露 槽場直汲み 中汲み 手造り純米無濾過生
 (滋賀県・福井弥平商店)

・玉川 純米吟醸 雄町 火入れ
 (京都府・木下酒造)

以上11銘柄です。
主催者のjazzさんが、わたしたちに馴染みのある土地のお酒を
集めてくださり、嬉しいサプライズでした。
ありがとうございます!

むー  09/03/30 16:04

やっぱり不老泉があるのが、いいですね。

 09/03/31 0:14

むーさん。

この会のラインナップのなかでは、
やはり熟成酒は個性的でしたね。

なかじんさんで呑んだときのことを
思い出しますねー。

rie  09/03/31 0:32

>むーさん

この会の「不老泉」は、
なかなか、ぐぐーっときました!

セレクトされたのは、jazzさんの
粋なお心遣いでありました。